【出産後の孤独感】夫へのSOS・・・育児・子育て中のママの不安と孤独

2017年7月26日育児

kodoku

 

出産前、プレママクラスに通っていたとき…

先輩のママさん達や助産師さんから、出産後のママは孤独に感じる人が多いという話しを聞いていました。

でもその時は、どういうことだろう???という感じでした。

出産してから、私にもやってきました。『孤独感』

私の場合、仕事も辞めていたので、より孤独感も強かったのかな。

育児に家事…

それが生活の全てで、孤独。

 

子供がいるじゃん!!と思いますよね。実際に、私も旦那さんに言われました。

もちろん子供は可愛いんですよ、でも、うまく言えないのですが、日中はまだ話せない子供と二人きり、社会に取り残された感じも若干あり・・・

そして一番は、慣れていない育児。正直孤独でした・・・・。

 

子供の成長、、、一緒に感動を分かち合いたい!!

育児の不安、、、聞いて一緒に考えて欲しい。

そして頭の中から、少しだけ育児から離れた、たわいもない話しをしたい!

 

夜になり”やっと旦那さんが帰ってきた!”っと、喜んでいるのもつかの間…

ご飯支度の仕上げ、食事、娘&自分のお風呂、授乳、寝かしつけ、朝のご飯&離乳食の下準備など…

全ての家事や娘の寝かしつけが終わり、テレビでも見ながら、パパと話しでもしようかなと思ったその時…

『うぇーんうぇーん。』娘の泣き声。

そしてまた寝かしつけ…
(基本的に寝た後、ママが隣にいないとすぐ起きてしまう我が子。。。)

それを何度か繰り返しているうちに

『ガーッ、ガーッ』と、パパのイビキが…

はい、一日の終了です。
孤独感…。

 

そんな毎日。

 

たまに自宅に、友達が遊びにきてくれると、今まで話を聞く方が、好きだったはずの私が、ついつい嬉しくて話しすぎちゃってる自分にびっくり!!

やっぱり寂しかったのね、私…と再認識。笑

 

子供が話せるようになってくると、孤独感から抜け出せたりする方も、多いようですが(私もそうでした)、出産後間もない頃は、その時期までと考えると、気が遠くなるような話ですよね。

 

ここからは、そんな孤独との向き合い方、についてです。

 

ichirinn

 

私は、福田 萌さんのBlogで、夫でオリエンタルラジオのあっちゃんこと中田 敦彦さんとの

『孤独』についての、エピソードが書かれているBlogを発見し、とても救われました。

一部ご紹介させて頂きます。

出典:福田萌オフィシャルブログ「楽しいこと いっぱい」より

こんなことをアツヒコサンは言ってくれました。

子育てをしてるママの役割は、ディフェンダーに似てると思う。

ゴール前を守って、点を取られないようにプレーする、

けど、点を取られなかったからといって、国民からの賞賛は得づらい。

子育ては24時間子供の命を守る重大な役割を果たしてるのに、

誰からも褒められない、

がんばりは昇華されない、

孤独な仕事だと思う。

だから子育ては仕事よりも大変だとおもう。

出典:福田萌オフィシャルブログ「楽しいこと いっぱい」

これを読んで泣きそうになった私・・・。こんな風に言ってもらえたら嬉しいですよね。

そして、こんな風に言ってもらえる福田さんもきっと、素敵な妻でありママなんだろうな。と思いました。

 

その後、

ママである福田さんの孤独を、少しでも解決するために

夫である中田さんが考えた”あること”についての記事も少しご紹介します。↓↓

 

出典:ママスタセレクトさんの中田 敦彦: 嫁の抱えている一番の問題は「孤独」でした

 

嫁が抱えている一番の問題は「孤独」だったんです。

子どもの世話をすべて一人でして、それを誰にも見てもらえず、

ちょっとしたトラブルがあって何か話したくても僕がいない。

心の中にずっと寂しさがあったんです。
子どもと1対1でずっと向き合っているのって孤独なんだな、と気づきました。

ママの孤独は社会のサポート体制とか、子どもを託児所に預けるとかで解決できる問題ではないですよね。

これまで嫁も頑張ってきたし、僕も仕事を頑張ってきた。
お互いに頑張っているし、間違ったことをしているわけではないから、

これ以上何を頑張ればいいんだろうって思っちゃうところだけど、

小室さんは「頑張ることをやめるんだ」と言っている。
「そうすれば問題が解決するんだよ」って。

 

孤独に気づいた中田敦彦さんは「ワーク・ライフバランスを整える」ということにしたようです。(ワーク・ライフバランスって・・・!?難しい。笑)※仕事と生活の調和。です。中田さんの場合は、仕事と家庭(子育てなど)の両立ということだと思います。

 

スポンサーリンク

仕事の量を減らし、ママや子供と向き合う時間を増やし、孤独から救う。

 

sukuu

 

すごいなと、、、。

そして、自分の説明のできない孤独が、なんだったのかわかり、スッキリしました。

奥さんのSOSに気付き、真摯に受け止め、理解し、向き合う。

これって本当に難しいことだと思うんですよね。

旦那さんは、ママの様子がおかしいと気付くことができても、向き合い方がわからない。仕事が忙しい、疲れている。

結果・・・見て見ぬふり、時間が解決してくれるのを待つ・・・。

中には、奥さんのそんな姿を見た上で、ひどいことを言ってしまう人も。

産後の恨みは、食べ物の恨みより怖いですよ!!笑

 

向き合い方

中田敦彦さんのように、仕事の量を減らしたり、”ワーク・ライフバランスを整える”

ということが難しい旦那さんもいると思います。

 

でも、奥さんが今どんな気持ちでいるのか、気付き、知ること。

そして、その気持ちに寄り添うことが、大事だと思います。

 

“今日はどんなことがあったの?”

“いつもありがとう、お疲れさま。”

今の時間に、プラス30分でも1時間でも、”夫婦で会話したり楽しい時間を共有する。”

そんな風に向き合ってもらえただけでも、幸せですよね。

もちろん旦那さんへの、日々の感謝の気持ちはママも忘れてはいけませんね。

 

 

ママは自分の孤独について、なかなか旦那さんに言えない方が多いと思います。

中田敦彦さん、福田萌さん夫妻の記事や、このブログを積極的に読んでいる旦那さんなら別ですが。

自分からうまく言えない方は、やっぱり記事を読んでもらいましょう。

知ってもらう。これが大事です。

あとは、旦那さんがどう感じ、どう向きあっていくか。。。

“うちの旦那は何もしてくれないんじゃないか?”とは思わないでくださいね。

今、私(ママは)はこんな気持ちだよ。って気付いて知ってもらえたら、あとは旦那さんを信じましょう。

 

 

スポンサーリンク