【産後のマタニティーブルーの体験談】”大丈夫。” 解決法

2017年7月26日マタニティーブルー, 育児

tree

 

産後すぐマタニティブルーになった私…

約2週間くらいでしたが。とてつも長い2週間でした。

毎日寝て起きたあとは、涙がでてきました。

 

なんで寝ちゃったんだろう。
赤ちゃん、息してるだろうか
寝てしまってごめんなさい…

 

生まれた直後だったので、すごく小さな我が子

少しでも寝てしまう自分が許せなかった。

 

ずっと見てないと、死んでしまうのではないか、と心配だった。

そして慣れない育児は、最初本当に大変でした。

 

出産してすぐに感じたのは、

“こんなに寝れないんだ…”

 

私、今日なにしてた?
オムツ替えと授乳の繰返し。

 

可愛い泣き声も、ずっと聞いてるとおかしくなりそうだよ。

近所迷惑になってないかな。家族も寝不足になっていないかな。

我が子が周りに嫌われたらどうしよう。

一人の時間はもうないんだな。

行ける場所も、できることも制限される。

家事をやる時間はどうやって作ったらいいんだろ?

ご飯を作る時間もなければ、食べる時間もない。

トイレもシャワーもゆっくりできないんだ。

どこにいても、子供の泣き声が、聞こえるような気がする…。

 

など、他にもあげるとキリがないくらいありました。

 

今考えたら当たり前ですよね、全てが初めてで慣れていないことばかりなんですから。

いろんなことが、不安で不安でしかたがなかったです。

 

初めての育児は
事前にたくさん想像してたのに・・・
本を読んだり、他の先輩ママさんの話しを聞いて勉強してたのに・・・

 

してたけど…

 

やっぱり全てが想像以上でした。

 

大人になったと思っていた自分は、まだまだ子供でした。

 

今まで寝たいときに寝てました。
遊びたいとき遊んでました。
自分の為に時間やお金を費やしました。
好きなもの食べてました。
仕事も楽しくやってました。

他にもまだまだ…

これを全て失って、最初はやっぱり戸惑いました、悲しくなりました。

子供だったから・・・。

 

でも少しずつ変わってく自分に、自分でも驚きです。

 

ちゃんと育児も家事もなんとかなってます。
今までできていたことが、できなくなった悲しみより、

今は子供と一緒にできる何かが、嬉しくて楽しいです。

 

そして、あんなに小さかった我が子が、びっくりするほど、大きくなっています!!

 

leaf

 

産後のマタニティブルー…
ホルモンの影響などもあるんでしょうけど、
なんとも言えない不安感。と絶望感。

 

毎日泣いて目を腫らしていた自分…
辛かった。

 

でも、

気付いたら乗り越えていました。

 

先の想像なんて全くできず、毎日悩んで毎日必死に子供と向き合いました。

 

そして今も、、、あと数ヶ月で3歳になる我が子も、自分もまだまだ成長中です。

きっとこれからも不安になったり悩んだりするんだろうな。

 

だけどまた数ヵ月後、数年後、

“なんとかなったよー”って言ってるんだと思います。 笑

 

今後もゆっくりゆっくり成長していきたいです
我が子と共に…。

 

 

スポンサーリンク

解決法

今、産後のマタニティーブルーを経験している方がいたら、、、

 

“大丈夫だよ”

“大丈夫。今の心のつらさはずっとは続かないよ”って伝えたい。

そして無理やりにでも、身近な人にサポートしてもらいましょ。

泣いたっていいんです。でもちゃんと伝えましょ。

寝る時間や、我が子と少しだけ離れる時間作りましょ。

 

ママは常に、自分が子供の、一番の責任者のような気がして気が抜けない。

24時間、我が子を守らないといけないという責任感。(本当にすごいことですね。)

 

 

眠っていても、その気持ちが抜けない人が多いと思います。

寝ている間に、子供が泣いてすぐに目が覚めるママは、きっとゆっくり寝られていない証拠。

 

 

そして逆に、子供がどんなに泣いても、全く起きないパパの中には、ママが見てくれるから大丈夫と、心のどこかで安心しきってしまって爆睡している場合もあります。(こうなると寝ている間の一番の責任者は常にママになってしまいますね。)

我が家はそうでした。。。

なぜなら、パパしかいない時はちゃんと子供が泣くと起きれるからです。笑

 

 

 

でもそれが毎日だとママはいつ休むの?

身体が大丈夫でも、心はどんどん追い詰められます。

イライラしたくないのに、イライラしてしまったり、笑うことができなくなったり、気付いたら泣いていた

こんな状態が続きます。

 

 

パパや、他の家族や心を許せる友人でも構いません。

数時間でも、子供の1番の責任者から離れましょ。

子供をみてもらって、ゆっくり休む時間を作りましょ。

なにもかも1人で抱え込まないでくださいね。

 

 

もちろんパパはお仕事しているので、身体をしっかり休ませなきゃなりませんよね。

だからと言って、ママが休まなくていい訳がありません。

 

“日中子供と一緒に休めるじゃん”なんて心無いこと言う人がいたら・・・

アンパ――――ンチ!!です。(アンパンマンの必殺技(笑))

 

結局パパのいない日中の、1番の責任者はママ・・・。

一緒に横になることはできても、実際には気持ち的にも全然休めていません。

 

パパや周りの方に協力してもらいながら、休める時間を作ってくださいね。

家事の分担や、パパが寝る前に子供を見ててもらって、ママの寝る時間を作るなど。

そして悩みがあれば、パパや周囲の人、産婦人科の看護師さん、助産師さん、保健師さんなどに、相談してみるのもいいと思います。

私は、赤ちゃんのベビーマッサージで使えるアロマのオイルを、枕に数滴かけて寝たりしましたよ。

どうか無理なさらないでくださいね。

relax

スポンサーリンク