【いじめの経験】自分が親になって思うこと~自分の弱さと強さと向き合うことの大切さ~

2017年7月26日子育て, 育児

kodoku

 

今日はとっても長いです。

そして”いじめ”について触れています。

 

こういう話は苦手でしたら、今のうちに逃げてください。(笑)

 

 

あまり暗くなり過ぎないようにしたいのでがんばります。

 

 

 

まずは、私のことを書きます。

 

私は、とっても頑固です。

長所にするなら、”自分を持っている”のかもしれません。(自分で言ってしまうのはどうなの・・・。(笑))

 

よく人に”強い人だね”と言われます。

それは力が強い、とかではないですよ。(笑)

心。

 

自分では、弱いと思っていたので初めて人に強いと言われたときは、びっくりしました。

人の感情に敏感な方で、周りの人の様子を見ながら一喜一憂するので、精神的に弱い方だと思っていたからです。

もちろんそういう部分もありますが、ぶれない心も持っているようです。(また自分で言うのか・・・。(笑))

めんどくさい部分でもありますが、それで救われたこともたくさんあります。

何かに失敗したときや災難が降りかかったとき、

つい誰かのせいor何かのせいにしてしまいたいことがあります。

そう思わないと生きていけない、自分を守るための防御策。

でもそれは、解決にならず、自分の成長にもならないんですよね。

経験は無駄にはなりません。

同じことが起こらないように、事前に予防ができたり、

被害があってもすぐに対処ができたりと必ず役立ちます。

 

ただ時には、傷つかないための防御策が必要な場合もあります。

“傷が大き過ぎた時”です。

ずっと傷つかないようにしていては、よくありませんが、

自分を守ることも、時には大切な手段になります。

 

Sprout

 

 

私は小学生の頃、いじめられたことがあります。

転校先で、4~5日後からいじめ。

後々聞くと、その学校の1番目立つ女の子(裏番長みたいな・・・。)

の好きだった男の子が

私にたくさん話しかけていたことが嫌だったそうです。

私はむしろ何もしていない。(笑)

自分からは話しかけたことは一度もなく、話しかけられたことに答えていたくらい。

 

 

そんなことでも、いじめは始まるんですよね。

転校をして4~5日後に、クレンザー(洗剤)が机の上に撒かれていて真っ白、椅子の上には画鋲だらけ。

ドラマのような世界ですけど、実話。(笑)

今まで、話しかけてきていた人たちも、私から離れていきました。

 

そして、私には姉がいます。

歳は違うけど、やはり転校生。

その姉もいじめにあっていました。

 

悲惨な姉妹ですよね・・・。(笑)

 

 

雰囲気が嫌だったのか、周りの人が注目しているのが嫌なのか、、、

理由はよくわかりませんが、

転校早々のいじめなんて、大きな理由はなっかたのではないかなと、今では思います。

 

スポンサーリンク

姉は私とは真逆のタイプ。

 

姉の場合

当時の姉は、いじめられたのは、転勤のある仕事をしている父のせいだと言っていました。

(自分の逃げ道を探したかったんでしょうね。※姉も以前そう言っていました。)

そして、学校を1度でも休んでしまうと全く行かなくなってしまうタイプ。

 

母の対応

『1時間目が終わったら早退してきてもいいから、とりあえず行くだけ行ってみよう。

案の定、1時間目や2時間目が終わって早退していましたが、毎日休まず行っていました。

 

私の場合

いじめに遭うのは、なにかいけないことをしてしまったのかな?と気にしていました。

そして一日でも休んでしまうと、さらにいじめがひどくなるかもしれない。

つらいけど、休まず毎日行かなきゃ。と思うタイプ。

母の対応

『そんな学校なら行かなくていい!!』

この言葉本当にありがたかったです。

本当にきつくなったら、いつでも行くのをやめていいんだ、と思えるだけで頑張れました。

毎日きつい状態だったけど、

もう少し頑張れるかな・・・。もう少し・・・。と思いながら結局毎日学校に行きました。

 

そして姉からも、、、

姉もつらい時期だったのに、

毎朝一緒に学校へ行く途中の分かれ道で、必ず”今日もがんばるんだよ。”と。

その言葉に何度泣いたことか。。。。

私は早退もしませんでした。

負けたくなかったのかもしれません。(やっぱり強いのか(笑))

 

 

母は偉大です。

私たちの帰宅後の様子から、いじめに遭っているんじゃないか!?

とすぐに気づいてくれた母。

そして、学校に殴り込みに行くのでは!?と思えるほどの勢いで、怒って味方になってくれた母。

死ぬ気で守ると言ってくれた母。(おおげさな…と思いながらも、涙が出るほど嬉しかった。)

さすがに学校に殴り込みは、

親が帰ったあと、いじめがさらにエスカレートしても嫌なので冷静に止めていた私。(笑)(私が止めなくても、さすがに本気で殴り込みはしていなかったと思いますが、、、。)

 

そして、担任の先生といろいろ相談してくれて、なんとか乗り越えられました。

姉妹でも性格が違うのを理解し、それぞれと向き合ってくれました。

それはもう全力で。

 

 

実際はすごくつらかったのに、毎日強気で学校行っていた私。(笑)

何をされても、何を言われても、『知るか!!』と心の中で思っていた私。

 

その甲斐あってか、

次第に勇気をふり絞って、『一緒に帰ろう』と、

話しかけてくれる人が徐々に出てきてくれました。

1番最初に声かけてくれた人は、かなり勇気がいたと思います。

衝撃的で、今でもその時の光景をはっきり覚えています。

 shine

 

 

そうしてだんだん友達ができてくると、

いじめを始めた張本人2人が手紙で謝ってきました。

 

そしてまさかの、自分たちのグループに入ってよ~と。

いろんな意味ですごいですよね。

もう笑うしかない。

 

形的には許しましたが、さすがにグループには属しませんでした。

そしてまたその子たちは、他に転校してきた子をいじめていました。

これが現実の世界なのかと思うとがっかりです。

私たち家族は、その後また父の転勤で、別の学校に行くことに。

いじめてきた子たちとはそれっきりでした。

 

その後、私自身はいじめなどされませんでしたが、

学生時代も、社会に出ても、いじめにあっている人はいました。

 

私は、いじめられている人に気づくことができたら、

普通に話しかけていました。

 

ただ、その人がいけないことをして、いじめられてしまっている場合は、

どこがいけないのか、本人に話をしていました。

 

私自身、いじめられている人と話しをしていても、一緒にいじめられたことはありませんでした。

運が良かったのかもしれません。

だけど、こういう何があっても態度の変わらない人が、貴重でもあったのかもしれません。

みんな明日は我が身。

【特に女性同士の仲間はずれや、いやがらせは、中学生3年生までに9割の人が経験しているというデータもあるようです。】

もし自分がいじめの対象になったとき、きっとこの人は態度を変えないんだ人なんだ。

と思われて、いじめられなかったのかもしれません。

 

私がいじめられている人と、普通に話すことによって、

私の周り友達も一緒に話してたりして、、、

 

そうすると、あれ?話してもいいんじゃない?といつの間にか、他の人も声をかけるようになり、

いじめられていた人も1人じゃなくなっていました。

 

私はこんな形で向き合ってきましたが、

この形が必ずしもうまくいく保証もなく、もしかしたら一緒にいじめにあってしまう可能性もあります。

多くの人が、怖いと思うのは当たり前のことです。

 

私がいじめられた時も、しばらくはずっと1人ぼっちでした。

それまで話していた人も、話しかけてきませんでした。

そして私も、自分から話しかけることは、しませんでした。

私を守って一緒にいじめられてしまう人がいたら

私の場合、さらにきつかったかもしれません。

 

自分の大切な人が、自分のせいで傷つくことの方が耐え難いです。

 

ただ、私がいじめにあっていた時に、一緒に帰ろうと勇気を振り絞った人がいたから。

あの一言に本当に救われたから、

自分も誰かのためにそうしたかったのかもしれません。

 

Seedlings

 

今、子供を持つ親になり”いじめ”について自分の頃より恐怖を感じています。

私の学生時代は、SNSは普及していなかったので、

その辺についてはどう子供と一緒に向き合っていくべきなのか。

まだまだ未知のことばかり。

 

女の子だと、9割の人が感じている、いじめ、いやがらせ、仲間はずれ。

きっと我が子も経験してしまう可能性が大きいです。

その時、いかに早く気付けるか、どう向きあうのか、

そしてどう向きあわせていくのか、我が子と一緒に沢山悩もうと思います。

そして間違っても加害者になってしまわぬよう、見守りつつ支えていけたらなと思います。

 

 

そしてそこから救うのもさまざまな愛だと思います。

私がそうだったように。

なにげない一言で救われることもあります。

母、父、兄弟、姉妹、学校の先生、祖父、祖母、友達、そして全くの他人の人かもしれません。

 

私も、出来る限りたくさんの愛を、我が子や周りの人に与えていけたらなと思います。

 

Hand

 

長くなりましたが、最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

muu…

 

 

スポンサーリンク