【マイナス思考・プラス思考】マイナス思考を抜け出すには?身近な人が落ち込んでしまったとき

2017年7月26日

tokidokihouki

 

考え方1つで見え方は変わってくるもの。

私は、ありがたいことに昔からたくさんのプラス思考の方が周りにいました。

私自身、そういう考え方が好きなので自然とそういう人と一緒にいたのかもしれません。

 

 

昔からいつも幸せそうな人と思われることが多い私。

たまに『いつも楽しそうでいいね』とか『悩みとかなさそう』とか言われることがあります。(笑)

 

当たり前ですが、学生の頃も社会人になってからも、結婚してからも妊娠・出産中も大変なことはあります。

皆そうだと思います。

言わないだけで楽ではありませんよね。

 

 

どちらかというと、プラスに考えたい方なので、『いつも悩みなさそう』と

言われても、他の人にマイナスな印象を与えてなくて良かった!と思います。

大変な仕事や子育ても楽しむ努力をしています。(実際に楽しいことも嬉しいことたくさんあります)

なにか困難がやってきた時には、たとえ時間がかかってしまっても受け入れて、前向きに歩く努力をするように心がけています。

今起きていることにも、何か意味がある。

乗り越えられた時には、また一つ成長できる自分がいると信じてます。

つらい経験でさえも、いつか誰かの手助けになるような気さえします。

 

スポンサーリンク

さまざまなプラス思考の人

 

親しい友人に何事も楽しむ人がいます。

小さなことにも喜びを感じ、感謝をできる人。

これは意外とできそうで、本当にできている人って少ないのかもしれません。

 

 

また、二回りくらい年上の友人は、

“私はついてるから何事も絶対うまくいくようになってるの”と言い切る人がいます。(笑)

すごい自信家に思われそうな発言ですよね。

でもたくさん大変な思いをしている人なんです。

だけどそれを悪いことが起こったと思わないし、それ自体ラッキーなことにしてしまえる方なんです。

 

何事もついているな、ラッキーだなと思えると何事もラッキーだと思えてきます。
事実、考え方1つで何事もラッキーになります。
そしてラッキーと思う仲間も集まり、それはもう”最高にLucky”ですよね。

マイナスをプラスに

転んでしまった時、すぐさま立ち上がって前に進み始める人がいたら、あなたはポジティブだと思いますか?

一見ポジティブな人にも思えますが、転んでしまった原因がわかっていないので、その人はまたすぐに転んでしまう可能性があります。

まず、”どうして転んでしまったのか”原因を考える。

靴紐がほどけてはいないか?

急ぎ過ぎてしまっていたせいではないか?

原因がわかれば、直すことができ、次は失敗を恐れず歩き始めることができます。

なにかうまくいかないことがあった時(マイナス)、

原因があるはずです。

その原因には、うまくいくヒント(プラス)が隠されています。

見ないで前に進むのではなく、原因を探してみましょう。

マイナスをプラスに変えるチャンスになります。

 

マイナス思考から抜け出したい方

「自分はマイナス思考です」という人は、、、

私は、それに気付けた時点でマイナス思考から抜け出せていると思います。

本当のマイナス思考の方は、気がついていないことが多く、口にも出せません。

自分がマイナス思考だと気がついたり、口に出せた時点でもうプラス思考を始めているのではないでしょうか。

見方や考え方を少し変えるだけで、どんどん変わっていきます。

一見よくないことでも、プラスの面は必ずあるものなので、意識して探してみましょう。

 

マイナス思考の方は、潜在的に物事や人、環境などにマイナスから入ってしまう方です。

一番の問題は、それが無意識に起こってしまうこと。

人間は無意識に多くの思考をしているそうです。

無意識にマイナスに思考することが癖になってしまっていては、なかなか抜けだせません。

 

なので、見たものや感じたもののプラスを探し、マイナスをプラスに置き換えることを意識しましょう。少しずつ無自覚に起こっているマイナスの思考に気が付くかもしれません。

気が付くことができたら、抜けだすまではもう少し!!

プラス探し・プラスに変換することを習慣化する。

習慣化することで、無意識にマイナスに思考することから抜け出せます。習慣とはそれくらい大切なことなんですね。

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

マザー・テレサ

 

そもそもプラス探しとは

この記事を書くにあたって、うちの旦那さんとプラス思考やマイナス思考について話をしていました。

この記事に書こうと思う内容も話しながら。

今は前向きに思える旦那さんでも、いろいろあった時期がありました。

すごくつらかった時期は、やはり物事をプラスに考えることができなかった。と言っていました。

特に自分の生活が潤っていない、幸せでない時のマイナス思考はなかなかプラスに変換することは難しいと。

 

プラス探しをするといってもどういう風にしたらよいのか。

具体的に書かないとわかりにくいと・・・。

ごもっとも。

そう言われて実際にどういう風にプラス探し・プラス変換をしたらいいのか自分なりに考えてみました。

プラス探しでは、自分のいいところを探しましょう。最低でも5個くらい。

自分を好きになることがマイナス思考を抜け出すきっかけになります。

“ない”と探す前に諦めないでくださいね。絶対にあります!!

【優しい、綺麗好き、肌がきれい、目が大きい、目がきりっとしている、仕事熱心、テレビや映画に詳しい、スポーツが得意、料理ができる、目がいい、鼻がきく、指が長い、爪の形が綺麗、背が高い、素敵な友達がたくさんいる、自慢の家族がいるなど、なんでもOK】

それでもやっぱり難しい方は、親しい周りの方のいいところを探してみましょう。

自分より他の方をいいところを探す方が得意な方も多いです。素敵なことですね。

たくさん発見出来たら次のステップ!

日々の出来事の嬉しかったこと楽しかったことを見つけましょう

【朝すっきり目覚めることができた、仕事がいつもより早く終わった、友達と会えた、美味しくご飯が食べられた、電車で席を譲ることができたor譲ってくれる素敵な人を発見!など、これまたなんでもOK!】

また自分にとって良くないことが起こってしまった時はプラスに変換できるように少しずつ練習してみましょう。

マイナスをプラスに変換
なにかが起こってしまった時、
「こうなってしまった、どうしよう」と思ってしまうことがあります。
この考えを、
「こうならなくて良かった、ラッキー」と変換する。
たとえば、
ボーナスがいつも100万円だったのに半分カットされてしまったら?
“50万円になってしまったどうしよう”ではなく
“50万ももらえるんだ!もらえなくなる訳じゃなくて良かった、ラッキー!”と変換しましょう。
またボーナスがもらえなかった場合は?
“仕事がなくなったわけじゃなくて良かった!”
またリストラにあってしまったら?
“今後の生き方・働き方を見直すいい機会!自分に合う仕事や会社を見つけられるチャンス!”
こんな風にプラスの部分に目を向けるとうまく変換することができます。

あとは上記を習慣化する。習慣化が重要です。

プラスのことを声に出して言ってみることも大切です。自分の中にプラスなことをインプットしましょう。

 

プラス思考の方に力を借りる

どうしてもネガティブになってしまう時は、むりにプラスに変換しなくてもいい。

さんざん上でプラスに変換を!と言っていたのに(笑)

でもどうしようもなくつらい時もあります。

無理に”プラスに考えないと!”と思うとそれがかえってつらくなる時もあります。

その時はプラス思考の方のそばにいましょう。ただただそばにいるだけ。

不思議と力がもらえます。

また前に向けるようになったら、プラスに変換していくといいでしょう。

 

身近な人がネガティブになってしまった時は・・・?

 

私は旦那さんが、何かに失敗してしまい、ネガティブになってしまった時、あえてその話には触れないで、ただただ笑顔でいるように心がけています。

寄り添うことはあっても、旦那さんが前を向こうとしたときにプラスに引っ張れるように、自分は前向きに捉えるようにしています。

旦那さんの様子を観察してみて、そのことについて一緒に考えてほしいのか、今はとりあえずそっとしていて欲しいのか自分なりに判断します。

そしてもちろん原因や同じことを繰り返さないために反省も必要ですが、本人が自分で原因や対策に気が付いている場合は、それ以上なにも言いません。信じて背中を押すのみ。

 

一緒に落ち込んでしまわず、できるだけ笑顔でいつものように接してそばにいます。

 

ちなみに私は料理する時、無意識に鼻歌歌っているそうなんですが、旦那さんは私の元気のバロメーターにしているようなので、鼻歌は忘れないようにしています(笑)

 

長くなりましたが、簡単のようで難しいマイナスからの脱出。

自分の意識付け・周りのサポートが大切かなと思います。

長くなってしまいましたが読んでいただきありがとうございます。

 

スポンサーリンク