【北海道胆振東部地震】地震を経験した私が感じた災害時必要なものとは!?

体験談

 

Disaster prevention goods

 

地震が起こった時の状況や心境、停電時の話しや、食べ物飲み物などのお店の状況については、こちらに記載しております。

↓↓↓

 

今回は、地震を実際に体験した私が災害時に必要だと思うアイテムを記載していきたいと思います。

災害時の準備している方も多いと思いますが、この記事を見てくれているということは、これから準備をしたいと考えている・・・or 今準備してあるもので本当に大丈夫なのか・・・などの確認という方かなと思っています。

怖かった地震(今でも余震が怖い・・・)ですが、この経験が誰かの役に立てるのかなと思うと少し救われます。

参考にして頂けたら幸いです。

 

スポンサーリンク

100円ショップで購入できるアイテム

・サランラップ(食器などの洗い物をなくすためにも必要。)

・アルミホイル(調理ができる場合に便利。くっつかないホイルはなお便利。)

・紙コップ、紙皿・割りばし(断水で水が止まった場合、食器が洗えない為。長期の断水の場合、お皿にラップを置くだけでもいいと思います。)

・ゴミ袋(大・中・小・黒いゴミ袋の大きいのも、簡易トイレの目隠しに使えたりします。)

・使い捨てビニール手袋(水が出ないと手が洗えないのでこれは結構役立ちます。)

・ウエットティッシュ(アルコールあるものと、ないものと両方あると使いわけできるので便利。)

・カイロ(寒い時期や寒い場所では必須アイテム。)

・マスク

・軍手

・ロープ

 

家にあるもので防災用にまとめておくといいアイテム・またはストックが必要なアイテム

・ティッシュパーパー

・トイレットペーパー

・生理用品

・懐中電灯,ランタン(いくつかあるといい)

・着替え類

・レインコートなどの雨具

・タオル(バスタオル,フェイスタオル 各数枚)

・筆記用具

・缶切り、ハサミ、簡単な調理が可能な小型ナイフ

・常備薬などの薬類

・絆創膏

・敷物(レジャーシート)

・毛布やブランケット類

・地図

・水筒

・予備メガネ,予備コンタクトレンズ,老眼鏡

・スリッパ

・マッチorライターorチャッカマン

・最低限の化粧品

 

«おすすめアイテム»

ランタン(電池式。防水で携帯やスマホ、タブレットの充電もでき、明るさも5段階調節可能。)

 

その他災害時必要アイテム

・モバイルバッテリー

・カセットコンロ

・カセットボンベ

・簡易トイレ

・手動充電式ラジオやランプ

・ポリタンク(給水車からもらう際に便利)

・万能ナイフかハサミ

・歯磨きティッシュ

・使い捨てロング手袋(断水などでトイレなどの排水口が詰まってしまった場合などにあると助かりますし、ないと困ります。)

・体を拭けるボディシート

 

«おすすめアイテム»

モバイルバッテリー(ほとんどの、スマホやiPhoneに対応しているようですが、万が一端子が違う場合は変換アダプタが必要です。)

カセットコンロ

簡易トイレ

手動充電式ラジオやランプ

ポリタンク

万能ナイフ

歯磨きティッシュ

使い捨てロング手袋

ボディシート

 

 

食料・飲料

食料で重要なのは、停電も考えて、電気を使わなくても食べられるもの数日分と、電気が復旧してから食べられるものと両方あるといいと思います。

・飲料水

・お水だけで戻せるアルファ米

・温めなくても食べれるレトルト食品

・缶詰類(缶切りを持ってない場合は、缶切りなしで開けられる缶詰めを選びましょう)

・カンパン

・菓子類

・栄養補助食品

 

卓上コンロとカセットボンベ・鍋などの調理器具があると温かいものが食べられます。

ご飯も炊けますし、なんでもわりといけます。

ただ洗い物が出るので、くっつかないホイルなどを引いて調理することをおすすめします。

«おすすめアイテム»

 

 

すぐに持ち出せるようにしたいもの

・家や車などの鍵

・現金、財布(停電後レジが動かないなど、カードが使用できなくなったお店が多く、意外と現金使いました。また、公衆電話を使用する場合もあるかもしれませんので小銭もあると◎。)

・充電器類,モバイルバッテリー

・通帳や印鑑(長く家を離れる際には、防犯のためにも持ち歩くといいと思います。)

・家族写真(はぐれた場合などにも使えます)

・健康保険証

・母子手帳、医療費受給者証(お子さんのいるご家庭で持ってる場合のみ)

 

防寒アイテム

今回の北海道地震で本当に救いだったのは、冬じゃなかったこと。

北海道で真冬に地震が起こった場合は、亡くなってしまう人の数がものすごいことになるようです。

そのほとんどが凍死になるだろうと。。。

防寒は本当に大切です。

本題に戻り、必要な防寒アイテムを書いていきます。

・ポータブルストーブ(停電を想定して電池と灯油があればOKのストーブ)

・電池

・灯油タンク,給油ポンプ

・灯油

・100円ショップの方でも書いた使い捨てカイロ

・毛布

・保温アルミシート

・湯たんぽ

・衣類(長袖、長ズボン、ウインドブレーカー上下、靴下、マフラー、手袋)

«あると便利!?»

車に乗せておけたり、余裕のある方は、、、

・寝袋

・テント

・ヘルメット

 

«おすすめアイテム»

ポータブルストーブ(電池式)

ポータブルストーブ(電池不要の手回し式)

灯油タンク

給油ポンプ(災害時にも使いやすい電池不要の手動式がおすすめ)

保温アルミシート

 

小さな子供がいるご家庭で必要なアイテム

・オムツ

・おしりふき

・粉ミルク、哺乳瓶

・離乳食

・お菓子 

・抱っこ紐

・衣類

・簡単に遊べるもの(紙やペン、折り紙、絵本など) 

 

最後に

今回の震災で、改めて準備って大切だな。と感じました。

準備が足りていないと、災害が起こったとき、不安も大きくなります。

災害が起こってしまってから急いで購入したくても、お店は開いていない、離れている親族や知人に送ってもらいたくても、物流もストップするので送ってもらうこともできない、、、

本当にパニックになってしまいます。

ちなみに私の住む地域で、災害後に配達が再開した運送会社さんの順番は、ヤマト運輸さん>佐川急便さん>日本郵便さんでした。ヤマトさんと佐川さんはだいたい同じくらいで、すごく早くから配達していました。(住んでいる地域にもよると思うので、そんなに参考にならないかもしれませんが。。)

 

話を戻して、、、

家族の人数や、子供や介護者がいるのか、またペットがいるのかによっても用意するものが違ってきます。

最低限でもいいので、必要なもの揃えておくことをおすすめします。

 

家が潰れてしまったなどの大きな被害があった場合やけがをしてしまった場合は、持ち出せるものも限られます。

また、避難所生活になるのか、私みたいに家にはいられるけど、水道、電気、ガスが使えない状況の場合など、被害の状況によってもいろいろ変わってくると思います。

一度に揃えるのは大変ですが、自分の中で優先順位をつけながら、揃えられそうなものから揃えていき、大きな鞄などにまとめて持ち出しやすい場所に置いておきましょう。

私が特に必要だと感じたものは、

明かり。(夜の真っ暗な状況で生活するのは、気がおかしくなりそうになります。)

各種必要な電池。(災害時、本当に手に入りません。絶対に準備が必要です。)

最低限の食料・飲料。

カセットコンロ、カセットボンベ、鍋などの調理器具。(ガスも水も使わない非常食を持っていなかったので、これは本当に助かりました。)

情報源。(被災している状況で、情報源がないのは本当に怖いです。)

モバイルバッテリー。(これがあれば情報も手に入り、家族がはぐれて被災しても連絡が取れる可能性があります。)

トイレ問題。(簡易トイレや生理用品も大切です。)

ウエットティッシュ、ボディシート。(手や体、頭、歯が洗えないのはすごく精神的にもきついです。)

時期によっては、防寒アイテム。

お子さんが小さいご家庭、介護を必要な方がいるご家庭、ペットを飼われているご家庭は、それぞれさらに必要なものがあります。このあたりは常時ストックしておくことをおすすめします。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

muu…

スポンサーリンク